トヨタマスタープレイヤーズ

| コメント(0)
4月2日に仙台でトヨタマスタープレイヤーズの中に入っての1公演目の本番だった。
久々のチェンバロ。でも不思議と恐怖心もなくすんなりと楽器に慣れることが出来た。
何より嬉しいのはオーケストラの中に入って弾けること。
普段、多くてもクインテットが最大くらいなのでオケの響きの中にいるのがとても気持ちがいい。
しかもウィーンフィルのメンバーを中心とした、ウィーン歌劇場オーケストラ、ウィーン交響楽団、などの人達なのでとにかく音色が美しい。
みんなの歌い方やフレージングが揃っているのはお国柄か?

チェンバロは強弱がつけられない。
だからタイミングや長さで表現する。
これがピアニストの私にとっては勇気がいるのだ。
でも、帰りの新幹線の中でふと思った。ピアノでももっと長さで表現できるのでは?
ピアノだと音色や強弱が表現のメインになる。
もっと長さ(特に短さ)を意識してみると今までより幅が広がるかもと考えた。

明日、大阪でコンクールの仕事を経て、明後日が2公演目の大阪シンフォニーホール、
明々後日がアクロス福岡。そしてラストがサントリーホール。
弾くのも楽しみだが、皆の音が変わってくるのが本当に楽しみ。

CD情報

諸田由里子 ピアノ・リサイタルII
ドビュッシー「版画」

2010年1月25日発売。
諸田由里子 ピアノ・リサイタルII
ドビュッシー「版画」イメージ
ショパン:ノクターン No.1Op.9-1 No.4 Op.15-1 遺作 マズルカ No.32 Op.50-3 モーツァルト:ピアノソナタ第13番 B-dur K.333 ドビュッシー:アラベスク 版画 月の光
WWCC-7633 ¥2,625(税込)


Profile


諸田由里子 Yuriko Morota
ピアニスト Pianist

●ホームページはこちら

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30