「置いておく」という時間

| コメント(2)

この夏から色々アップグレードに取り組んできたつまりだったが、

ここにきて停滞している。

なかなか思うようにいかずに歯がゆい毎日。

なんとなく、身体の色々なことがスムーズにいっていないというか、うまく力が伝わっていないというか、

無理しているというか、すんなりいっていない。

方向としては間違っていないつもりなのだが、こういう時期が一番辛い。


そんなときの気分転換は何と言っても食べる事だ。

おいしいものを食べると心はうきうきするし、まぁこんな時期もあるさと思える。

私はお気に入りのレストランに行くのも大好きだが、料理をするのも好きだ。

もちろん毎日毎日面倒だなと思うときもあるけれど、基本的に食べるのが好きなので、

どうせ食べるなら美味しく食べたいと思う。

こうすると美味しいよと聞いたらすぐにでも実行してみないと気が済まない。

だから友人を家に呼んでみんなでワイワイ食べるのも大好きだ。

そんな時もいつもと同じ大皿料理で足りなきゃまた作るというくらいの適当さなのだがこれが楽しい。


料理をしているとよく思う事だが、おいしく食べるためのノウハウがある。

難しいことではない。

なるべく時間をかけない方が美味しいものや、時間をかけることで美味しくなるもの、

シンプルが美味しいものや、手を加える事で美味しくなるもの、

それぞれの美味しくなるポイントを間違えないということだと思う。


不思議なのは「置いておく事で美味しくなる」ものがあるということだ。

煮込みとか色んな味付けがはいるものは絶対そう。

急いじゃいけない。ただただ置いておけばとんがっていた味がまろやかになったり、

充分味がしみ込んだりする。

この「置いておく事」が料理をしていて学んだ大きなことだ。


だから、あわててはいけない。

すぐに味がしみ込まないからといって、どんどん味付けを足してしまうと大変なことになる。

あっさりでも「置いておく」ことで味が染みて美味しくなったり、

それぞれのスパイスの性格が強くて、とげとげしたそれぞれが主張が激しい感じでも、

「置いておく事」でだんだん味がまとまって、まろやかな感じになり、最後には独特のまとまった味になる。


きっと今のこの歯がゆい毎日も少し我慢して「置いておく」ことが必要だと言い聞かせる。

通らなければいけない過程なのだ。

じっと待っていると、きっと色んなものがつながってくる時がやってくるはずだ。



CD情報

諸田由里子 ピアノ・リサイタルII
ドビュッシー「版画」

2010年1月25日発売。
諸田由里子 ピアノ・リサイタルII
ドビュッシー「版画」イメージ
ショパン:ノクターン No.1Op.9-1 No.4 Op.15-1 遺作 マズルカ No.32 Op.50-3 モーツァルト:ピアノソナタ第13番 B-dur K.333 ドビュッシー:アラベスク 版画 月の光
WWCC-7633 ¥2,625(税込)


Profile


諸田由里子 Yuriko Morota
ピアニスト Pianist

●ホームページはこちら

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のコメント