2008年9月アーカイブ

バッハのインベンション

| コメント(0)

ピアノを習う人なら一度は通る道、バッハのインベンション。

右手ソプラノ、左手バスの2声で出来ている。

ポリフォニー(多声部)とカンタービレと作曲を勉強するにはもってこいの曲集だ。

全ての音楽の基本がここにあるといっても過言ではない。

 

今日、このバッハのインベンションのマスタークラスをした。

1番から5番まで順番に説明しながら、生徒さん方に弾いてもらいながら、

曲を分析していく。

バッハは何も突飛なことをしていないし、一つのテーマを基本的な作曲技法で

展開させているだけなのに美しい。

一つの様式の中でここまで完璧に出来るものかと驚きを隠せない。

なにより驚くのは「一つのテーマが展開していくだけ」ということだ。

楽譜からパズルを解くようにその展開していく様を読んでいくのは

非常に興味深く、わかればわかるほどにどんどん自分が自由になっていくのがわかる。

 

どのくらい理解してもらえるように話せたかは定かではないが

改めてバッハの偉大さに気づき、教えることは学ぶことだと実感した一日でした。

新しいこと!

| コメント(0)
新しいことを始めるのは楽しい。
初めてのことは常に試行錯誤。
この「試行錯誤」がたまらなく楽しい。
 
頭の中で考えているのと実際やってみるのは大きく違う。
やってみて
「へぇ~、なるほど!」と思う。
出来ても出来なくても「へぇ~、なるほど」が大切だ。
 
ピアノを長い間やっていると
「物事はそんなに簡単にできるものじゃないけれど、
やってるうちに出来るようになるものさっ」と思う。
 
だから肩の力を抜いて、淡々と続ける。
これが私の「生き方」だ。
 
 
・・・という訳で、今日から
諸田由里子の「音楽っていいぞ!」がスタートです。

CD情報

諸田由里子 ピアノ・リサイタルII
ドビュッシー「版画」

2010年1月25日発売。
諸田由里子 ピアノ・リサイタルII
ドビュッシー「版画」イメージ
ショパン:ノクターン No.1Op.9-1 No.4 Op.15-1 遺作 マズルカ No.32 Op.50-3 モーツァルト:ピアノソナタ第13番 B-dur K.333 ドビュッシー:アラベスク 版画 月の光
WWCC-7633 ¥2,625(税込)


Profile


諸田由里子 Yuriko Morota
ピアニスト Pianist

●ホームページはこちら

2010年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント